薬剤師と患者

user-pic
0
薬剤師の仕事というものは、コミュニケーション能力が必要であり、尚且つそれが、重要だと言います。もちろん、薬剤師は、薬を調合するのが仕事ですが、実際、現在の薬剤師は、単に調剤をしていればよいという事ではないですし、患者さん、もしくは、お客さんの服薬指導をはじめ、薬に関する様々な相談、アドバイスを行う立場なので、コミュニケーション能力を備わっていないとなると、その業務に支障をきたす事も考えられます。

もちろん、薬剤師の仕事の中には、患者と接することなく過ごせる、というような職務も存在しますから、コミュニケーションは苦手であるという、薬剤師さんは、あえて、そうした職を選択するしかありませんが、これから、薬剤師に求められる事というのは、やはりこの『コミュニケーション能力の高さ』にあると言えるのです。

また、2012年、いよいよ6年制の卒業生、新薬剤師が続々誕生してきますが、今の薬剤師さんは、非常にレベル自体が高いと言われ、昨今の大学自体も薬学をいかに理解できるか?という具合に色々な研究を重ね、教育方法も研究していると言います。
そもそも、この年をさかいに、薬剤師業界は、徐々に変化していくという声も大きく、それに伴い、薬剤師に求められる事は、薬学だけでなく、コミュニケーション能力であるということなのです。

そもそも最近は、薬局等でもかかりつけ薬局が存在し、その風潮自体広まっております。
更には、在宅医療に薬剤師が関わる事もあり、薬剤師と患者の関係というものは、実に密接になってきているといえるのです。
こうして、薬剤師が患者の生活に関わっていく事には、患者さんの生活環境を変えることにより、病気自体を根本から退治する、というような試みもありますが、そのため、これからの薬剤師には、色々な可能性、その存在価値等が今よりも高くなり、その分、従来の薬剤師職に加え、患者の健康を一番に考える、というような医療人としての行動が必要となってきます。

こうして、薬剤師は、従来のような単に薬剤師としての調剤業務だけでなく、お客様、患者さんに対する心配りなども必要となり、医療従事者の一員として、薬の提供だけでなく、患者さんの体をまず考えるような医療人としての考え方が、今以上に必要となってきているのです。
また、これらの業務をスムーズに円滑に進めるためには、やはり薬剤師には、高いコミュニケーション能力が必要であり、今後コミュニケーションを得意としないというような薬剤師が存在すると、その薬剤師の選択肢は、相当狭められる事となるのです。

薬剤師求人@クリニック くすりびと

このブログ記事について

このページは、せんりが2013年10月10日 12:22に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「体罰の判断はだれがする?」です。

次のブログ記事は「今年の流行具合は?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

リンク